(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

春のお遍路を始めました

  • ふじわら
  • 2019/03/24 (Sun) 18:18:57
その1
今日は、東京を出発し、岩本寺からこぶしの里まで歩きました。
初日なので無理をせず、ゆっくりです。

岩本寺の手前の美馬旅館が、道を挟んで新館「美馬旅館はなれ 木のホテル」をオープンしていました。外人受けしそうなキレイな宿泊所です。

教えてください(ひわた峠トイレ)

44番大宝寺への県道42号線落合トンネルからひわた峠までのおトイレについて、教えてください。
当方で調べたところ、以下の場所にありそうなのですが、実際に使えるのかどうかよくわかりません。また、他にトイレがありますでしょうか。

三嶋神社
消防団詰所兼集会所
葛城神社
鴇田峠下休憩所

*お遊びで、遍路情報のサイトを作ってみました。
http://toranutaibun1303.web.fc2.com/

Re: 教えてください(ひわた峠トイレ)

  • 管理人
  • 2019/01/29 (Tue) 14:04:44
ここでは、無理なようです。
参考までに、
Fcebookの「四国八十八箇所」というグループで聞いてみましたが、これ以上の情報はありませんでした。
https://www.facebook.com/groups/228912493792927/permalink/2908742095809940/

TaibunさんはPCやネットにも詳しいようですから、Facebookに参加して情報を集めてはどうですか?今回は無理でしたが、いろいろなお遍路の情報が集まりますよ。

Re: 教えてください(ひわた峠トイレ)

管理人様

お調べいただき誠に有難うございました。
Facebookにはどうも二の足・三の足です。

今後とも、宜しくお願いいたします。

Re: 教えてください(ひわた峠トイレ)

  • 風自遊庵
  • E-mail
  • 2019/02/14 (Thu) 13:29:57
ご質問のトイレは全て使えます。
綺麗なトイレは消防団詰め所ですが、鍵がかかって入ることが
出来ないことがあるのか不明です。

Re: 教えてください(ひわた峠トイレ)

風自遊庵さま

情報有難うございました。5月の連休にひわた峠を越える予定です。

Re: 教えてください(ひわた峠トイレ)

  • 風自遊庵
  • E-mail
  • 2019/02/14 (Thu) 19:28:35
ひわた峠を越えるのですね。その手前の内子位から案内します。
「へんろみち保存協力会」の黄色い本をお持ちですね。
P54-2の「内子運動公園」のトイレはウオシュレットです。「道の駅からり」のトイレもウオシュレットです。「田代口」バス停
の傍に善根宿があり、トイレがあるが多分汲み取りをしていないと思いますので使えないかも。「千人宿大師堂」はトイレがありません。目の前のお店で借りて下さい。
P54-3の吉野川トンネルの近くの東屋はトイレがあります。
「上田渡」バス停前のトイレは使えます。
三島神社の目の前にあるのが、消防団詰め所です。
「ひわた峠」のトイレは峠を少々降りたところです。
宿等の情報が必要でしたらメッセージを。

Re: 教えてください(ひわた峠トイレ)

風自遊庵さま

有難うございます。大変助かります。
三嶋神社の向かいにお店があるようなのですが、営業しておりますでしょうか、またおトイレが借りれますでしょうか?
分かりましたら、お教えください。

Re: 教えてください(ひわた峠トイレ)

  • 風自遊庵
  • E-mail
  • 2019/02/15 (Fri) 19:39:20
地図で三嶋神社の先に休憩所のマークがあると思います。
その前あたりに消防団詰め所があり、トイレは確かウォシュレットです。お店についてはなかったと思います。

Re: 教えてください(ひわた峠トイレ)

風自遊庵さま

有難うございまいした。

教えてください44番

  • Taibun
  • 2018/12/07 (Fri) 17:03:44
内子から44番への道は、ひわだ峠・農祖峠・国道380の三種類あるようですが、お薦めのルートを教えてください。

Re: 教えてください44番

  • 管理人
  • 2018/12/09 (Sun) 10:58:33
投稿(ご質問)有難うございます。
ただし
「お薦めのルート」と言っても、人により、体力により、交通機関を利用するかしないかにより違います。
(私はひわだ峠しか歩いたことがありませんが、道自体は問題ありません。)
問題は、
内子から44番まで一日では歩けませんから、どこに泊るかです。「きらく」はご主人がなくなって閉めたそうです。ひわだ峠に行く途中の「ゑびす屋」さんは送迎をやめたみたいです。農祖峠側のほうが宿が近くにあります。
いずれにしても、頑張って歩くか、自信がなければ、内子から途中までコミュニティバスを使うことも考えてはいかがでしょうか?

Re: 教えてください44番

  • Taibun
  • 2018/12/09 (Sun) 17:34:49
管理人さん、返信ありがとうございます。
極めて、曖昧な質問だったと反省しております。
歩き遍路をしておりますが、平均すると一日18㎞しか歩いておりません。また妻のトイレも必要で、虫の良い話ですが、比較的楽でトイレもあるような道が理想です。
ひわだ峠の場合は、「えびす屋」さんか「たちばな旅館」での宿泊を考えておりました。また農祖峠・国道380の場合は、小田での宿泊を考えております。

Re: 教えてください44番

  • 管理人
  • 2018/12/11 (Tue) 01:54:20
1日18キロの人にとって、えびす屋さんは遠いと思います。
少しだけコミュニティバスを利用してはどうでしょうか?

Re: 教えてください44番

  • Taibun
  • 2018/12/12 (Wed) 13:52:02
管理人さん
有難うございます。
内子からえびすやまでが遠いですか。地図だと20㎞位だから何とかなるかと思ったのですが。
考えます。

Re: 教えてください44番

  • 管理人
  • 2018/12/12 (Wed) 23:03:39
どの地図かわかりませんが、少なくとも23キロはあると思います。
「四国遍路ひとり歩き同行二人」の黄色の地図では、えびす屋さんが近めに記載されているような気がします。ネットの地図(yahooやgoogleなど)でルート探索してみてください。

別件ですが、春のお遍路交流会にはいらしてください。
いつも5月下旬の金曜日です。

Re: 教えてください44番

  • Taibun
  • 2018/12/13 (Thu) 13:59:21
有難うございます。

Re: 教えてください44番

  • 管理人
  • 2018/12/14 (Fri) 11:32:18
書き忘れましたが、
ブログ本体の記事にある「Shikoku Japan 88 Route Guide」をぜひ活用してください。
コミュニティバスの時刻表も掲載されていて、とても便利ですよ。

Re: 教えてください44番

  • Taibun
  • 2018/12/18 (Tue) 21:40:45
「Shikoku Japan 88 Route Guide」を購入してみました。
見てビッックリ!私が欲しかった情報がしっかりと載ってました。
実は、区切り打ちの遍路計画のほとんどが、妻のためのトイレ探しなのです。「へんろみち保存協力会」の地図には、ほとんど掲載されておりません。世界遺産登録推進会議の「トイレ位置案内図」や、ブログ情報をベースに、自治体の公民館を調べたり、郵便局を調べたり、神社に電話してみたりしておりました。そこまでしても、実際に歩いてみると、民間レベルで「お遍路さんお使いください」と書かれたトイレがあったりしてます。それが、この本にはほとんど掲載されていました。もっと、早く、この本を買っていればと思うと同時に、同じ著者でありながら、どうして内容がこれほど違うのかと不思議になりました。

Re: 教えてください44番

  • 風自遊庵
  • E-mail
  • 2019/02/14 (Thu) 20:53:06
もう歩かれましたか?
内子から歩かれるとのことで、一日18KM程度でしたら、少し
頑張れば「たちばな旅館」は車の送迎があります。落合トンネルを出た所に東屋がありますので、そこから電話すれば迎えに来てくれます。「たちばな旅館」まで歩くのは大変でしたら、「千人宿大師堂」の少し先に「いかだや」(内子からだと少し近いですね。大洲の十夜ガ橋からだと丁度良い)と言う、地元の方7人で経営している宿があります。廃校をリニューアルしています。食事・トイレ・風呂は素晴らしいですよ。遍路宿では上位にランクされると思います。

Re: 教えてください44番

風自遊庵さま

情報有難うございます。歩くのはGWです。「えびすや旅館」に予約しました。女将曰く、「内子からならゆっくりやね」だそうですので、頑張ろうと思います(できれば前日に内子から少し歩いておこうかと考えてます)。「いかだや」の評判は聞いていて泊まりたかったのですが、峠越えの翌日の距離が長くなるので、やめました。

遍路の楽しみ

私にとって、遍路の大きな楽しみの一つが、他の遍路さん、地元の方、宿のご主人・女将さんとの会話です。特に夕食時に一杯やりながらの話が大好きです。勿論、中にはノッテこない方、きっぱりと会話を断られる方や、逆に自慢話ばかりされて閉口する事もありますが、幸い盛り上がる事の方が多いです。
そのような中で、1昨年の秋の区切り打ちで仲良くなった台湾カップル(私達より20歳年下)があり、一週間程前に、春節の旅行のついでに私の町までやってきてくれました。特に観光スポットもなく、美味しいものもない町で、どうしたものかと悩みましたし、言葉も苦労し、正直とても疲れましたが、過ぎてしまえば、楽しい思い出です。頂いたカラスミでお酒を飲みながら、家内と彼らの思い出を話し合っております。
遍路は楽しいです。

愛媛愛南町から卯之町

  • Taibun
  • 2018/11/22 (Thu) 21:07:42
当方、神奈川県在住の60歳代夫婦で2012年から区切り打ちをしております。1日に18㎞しか歩かないノンビリ遍路です。
今回10月30日から11月2日まで第九回目の区切り打ちでやっと43番までたどり着きました。

検索でこちらの掲示板を見つけました。交流会仲間の掲示板だと思いますが、参考情報になるのではないかと思い、お許しを得ずに投稿します。ご迷惑であれば、その旨返信ください。

1.愛南町から宇和島市津島町へのルートは、柏坂ルートが本来の遍路道ですが、海側の国道56号は、交通量が少なく、歩行者用トンネルがあり、また須ノ川、浦知、嵐ポケットパークに綺麗なトイレがあって、快適なルートでした。

2.宇和島市津島町のレストラン「あすも」は、地産地消のカフェで、お安い値段で美味しいランチが食べられます。私達は、カレードリアセットを食べました。ドリアにサラダ・小鉢・プリン・コーヒーがついて600円でした。

3.津島から宇和島へも国道56号の松尾トンネルを使いました。大畑旅館のご主人が遍路道が大雨でかなり荒れているので国道を使いなさいと仰ったのと、逆うちの若い遍路が、道が荒れていて道に迷い、2日間野宿したと言うので、そのようにしました。1.7㎞の長いトンネルでした。

4.宇和島の「へんろ宿もやい」は素泊まり3,000円で、設備が最新です。近くに食事処がないのが欠点ですが、調理器具がとても充実しており、その気になれば、立派な食事ができます。

5.42番仏木寺から43番明石寺への歯長峠遍路道は、大雨で道がくずれ、とても危険な状態だそうです。県道31号は、車両は通行止めですが、歩いては通れました。遠回りになるので、1時間弱余計にかかったように思いますが、工事車両以外に車は走らず、快適でした。また峠付近に工事事務所の簡易トイレがありました。

以上


Re: 愛媛愛南町から卯之町

  • 管理人
  • 2018/11/25 (Sun) 14:23:40
投稿を有難うございました。
ブログ本文に転載させていただきます。

高知を歩いています

  • さんた
  • 2018/10/12 (Fri) 18:05:44
高知を歩いています。
初日はお宿日和佐に泊まり、翌朝、甲浦まで電車に乗ってそこからゆっくりと歩きです。今日は27番札所の神峯寺に登りました。
秋の東京歩き遍路交流会の日程が11月23日に決まったようです。

大洲の災害

  • 道草遍路
  • 2018/07/11 (Wed) 12:46:23
いつもお世話になっている大洲のときわ旅館さん。
大洲が浸水のニュースを見て連絡したところ、
1㎞手前まで浸水したとのことでした。

88回目のマラソン完走は屋久島一周

  • さんた
  • 2018/01/17 (Wed) 16:58:55
1月14日(日)に屋久島1周ウルトラエコマラニック(100kmマラソン)を走ってきました。海岸沿いに島を一周するコースですが、最初から最後までアップダウンが続くため、制限時間は他の100キロマラソンよりも2時間長い16時間です。
朝5時にヘッドライトをつけてスタートし、歩いたり、走ったり、エイドステーション(給水所)で食べたり休んだり、他のランナーと話をしながらゆっくりと進みました。世界自然遺産地域では猿や鹿にも出会いました。80キロを過ぎると暗くなるので、またヘッドライトをつけてゴールを目指しました。
15時間半もかけてやっとゴールできたのは、数キロおきに開いているエイドステーションでのお接待、一緒に走ったランナーとの交流やアドバイスのおかげでした。なんだかお遍路に似ています。

記事の追加

  • さんた
  • 2018/02/09 (Fri) 10:47:00
新しい記事(お遍路宿の情報(徳島))を追加しました。

1ヶ月新しい記事がないと、自動的に広告が出てくるようです。
これからも、月に1回は新しい記事を更新するようにします。

徳島マラソン

  • さんた
  • 2018/03/26 (Mon) 08:59:42
3月25日(日)、徳島マラソンを完走しました。(90回目です。)
コース沿いには、あちこちに阿波踊りの応援があり、給水所(公式・私設とも)の食べ物が充実していてグルメマラソンを満喫しました。
桜は咲き始めでした。
26日、霊山寺からゆっくりとお遍路を始めます。

太龍寺と平等寺の間に宿

  • さんた
  • 2018/04/02 (Mon) 05:17:50
太龍寺と平等寺の間に宿がなくて困っていましたが、元「民宿坂口屋」横に龍雅荘がオープンしました。素泊りが基本ですが、簡単な食事が出せるそうなので、食料を担いで鶴林寺・太龍寺を超える必要はなさそうです。
0884-35-1213
ryugasou@mg.pikara.ne.jp

「声」欄の投稿の紹介

  • 武田喜治
  • 2017/12/30 (Sat) 10:43:24
平成29年12月26日付け朝日新聞「声」欄に「辰濃さん 名文楽しみました」と題する投稿が掲載されていますので紹介します。

    辰濃さん 名文楽しみました

              荻野文雄(神奈川県 92 無職)

天声人語を執筆された辰濃和男さんが87歳で亡くなられた。この人の書かれたものから、生き方、老年の楽しみ方を教えられることが多く、感謝に堪えない。
著書「四国遍路」は私の愛読書である。歩き遍路で得られるものは、元気になり、野生の生命力が甦ってくる感じになることだという。とりわけ土の道を歩き続けると、風や光や水や土に生かされていると感謝する心が育てられるという。
ある住職の言葉にも感銘を受けた。「歩くには独りがいいですね。独りになると力がでます。独りで歩いていると、ものを判断する力やさまざまなことに感謝する気持ちがわいてくる」
著書「漢字の楽しみ方」では、「老」という字が老醜、老残と嫌われていると指摘。俳人富安風生が数えで80歳のときの句「生くることやうやく楽し老いの春」を挙げ、自分も「幸い八十まで生きたとしてもこういう境地になれるかどうか」と述懐されている。しかし、今年も沖縄を訪れ、取材されたとのこと。
辰濃さん 名文を楽しみました。ありがとう。

Re: 「声」欄の投稿の紹介

  • さんた
  • 2017/12/31 (Sun) 11:21:54
武田さん
投稿ができるようになってよかったですね。

辰濃和男さんが死去

  • 武田喜治
  • 2017/12/16 (Sat) 18:28:37
新聞報道によると、辰濃和男さんが12月6日亡くなった。87歳だった。
辰濃さんは朝日新聞のコラム「天声人語」を13年間にわたって執筆を担当したほか、退社後は日本エッセイストクラブ理事長を務めた。文筆家でロングセラー「文章の書き方」では「分かりやすさは文章の基本」として平明さや正確さの意義を説いた。
また四国遍路にも関心が深く、40代を皮切りにあわせて4回の歩き遍路を実践、その記録を「四国遍路」(岩波新書)、「歩き遍路」(海竜社)として著した。また平成24年5月30日開催の「東京歩き遍路交流会」にも講師として参加していただき、格調の高い講演のあとは各自が持参した「四国遍路」などの著書に気軽にサインしていただいた。
惜しい人を亡くしたものである。謹んでご冥福をお祈りしたい。